ホットヨガをするにあたっての注意点

美容と健康、さらにはダイエットにもなるとして話題のホットヨガ。世界のセレブたちもその魅力にはまることが多いというヨガの動きを、温度と湿度を高めたスタジオで行うというものです。その効果は多岐に渡り、時には女性にとって必要なあらゆる要素を網羅するとまで言われます。例えば、発汗による美肌効果、デトックス効果、痩身やヨガのポーズによる便秘解消や肩こり腰痛の改善、冷えの改善、そしてリラクゼーション効果やストレス解消など、心身ともに癒されると人気です。しかし、どんなよいエクササイズにも注意点はあります。気を付けなければいけないことをあらかじめ知っておくことで危険は避けられますので、きちんと理解して安全にエクササイズできるようにしておきましょう。

過酷な環境でエクササイズするということ

ホットヨガのスタジオは気温35度以上、湿度が65%に常時保たれています。35度とは真夏の気温と同程度ですし、湿度65%になれば何もしなくてもじんわりと汗をかくほどの環境になります。これは体にとってはかなり過酷な環境で、そこにヨガとはいえ多少なりとも運動を加えれば体は大量に汗をかきます。体の成分の半分以上は水分から成り立っていますので、大量に汗をかいたまま水分補給をしないのはとても危険なことなのです。そのため、スタジオでは随時水分補給をするように促されます。レッスン前後にも十分に水分をとっておくことが脱水を防ぐためには必要です。また、ダイエット目的だからと言って、レッスン後に体重を増やしたくないから水分をとらないなどもやめましょう。のどが渇く前に飲むこともポイントです。

無理は禁物心の声を聞きましょう

ホットヨガをするうえで、心の声はとても重要です。とはいえ、つらい、苦しいという気持ちの面もそうなのですが、もっと大切なのは心臓そのものです。体の水分が失われると、血液を全身に巡らせようと心臓が早く動き始めます。ドキドキ、バクバク、と鼓動が感じられたらいったんポーズはお休みしてゆっくりと水を飲み、鼓動が収まるまで待ちましょう。最初のころはこのような状態になっても、徐々に慣れていくことがほとんどです。ただし、もともと心臓に既往症や疾患がある人、または家族に心臓病や心筋梗塞の既往がある人は一度医師の判断を仰ぐか、特に気を付けてレッスンを受ける必要があります。また、血圧が高めの人も、めまいや立ちくらみなどが起こらないように細心の注意をすることが必要です。